会社案内

いびら工房は、作者の家庭に実際に起った物語を、
絵本というかたち手段で伝えたいという想いからスタートしました。

その第1号は、2009年7月につくられた次世代に在宅ホスピスケアを伝える絵本『いびらのすむ家』です。
ノンフィクション作家、柳田邦男氏は、『いびらのすむ家』を「在宅ホスピスケアの神髄を物語化した絵本」、その活動を「先鞭をつけた活動」と表現し、『看護管理2009年12月号』(医学書院)及び自書『雨の降る日は考える日にしよう』(平凡社)で紹介しました。
いびら工房のテーマは、広い意味での「ホスピスケア」です。それを表現するわかりやすい日本語が見つかりません。試行錯誤をくり返し、たどり着いたのが「いびら」でした。「いびら」は、日常に当たり前にある二つの単語を組み合わせた造語です。さて、「いびら」とは、なんでしょう。

いびらのすむ家

会社案内

会社名 株式会社 いびら工房
代表取締役 吉田 利康
創立日 2019年6月29日
所在地 〒663-0187 西宮市大屋町24−8−103
連絡先 TEL:0798-65-2201 FAX:0798-65-2201 E-Mail
業務内容 ・書籍、出版物の企画、制作、執筆、発行、販売及びそのコンサルティング
・イラスト、絵画、グラフィックデザインの制作・販売
・絵画教室等の運営
・イベント、展示会、講演会等の企画制作及び運営

沿 革

2009年7月
在宅ホスピスケアを多くの人に伝えたいという思いから、公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団から研究助成を受け、作者自身の実体験を描いた絵本『いびらのすむ家』を制作配付。 関西を中心に多くのメディアに取り上げられる。いびらのすむ家事務局として、売上金やご寄付を再版資金にあてながら、ホスピスケア関連の絵本配付活動を始める。以後、兵庫県いのちと生きがいプロジェクト等の支援を受けながら、ホスピスケアに関連する絵本の制作配付活動を行う。

2017年
「日本全国どこでも購入できるようにしてほしい」という声をきっかけに、ISBNコードを取得。 「いびら工房」として活動を始める。

2019年6月 
株式会社いびら工房を設立。

著作権利用について

■ 紹介を目的とする場合
紹介の目的で、表紙画像のみの掲載をご希望の場合、掲載時に、書名・著者名・発行元を明記していただければ掲載いただけます。
掲載誌ができあがりましたら、1部送付をお願いいたします。
※画像使用は、表紙画像のみです。
※表紙以外の画像掲載を希望される場合は、下記の申請用紙に必要事項をご記入の上FAXいただくか、「お問い合わせ」からご連絡お願いいたします。
※上記以外で、いびら工房刊行の絵本利用についてのご質問は、「お問い合わせ」をご利用ください。

■ 読み聞かせ会で使用したい場合
営利を目的とせず、無償(入場料や、朗読する人に謝礼が発生しない朗読会)で行われる場合、無許可でお使いいただけます。
ただし、原文のまま(内容の改ざんはしない)で朗読することを条件とします。
その他のことでの、いびら工房が刊行している絵本の利用につきましては、下記書類にご記入の上、FAXまたはお問い合わせにてご申請ください。

著作権使用申請書